マイナンバー制度はいつから?一部延期とメリット&デメリット

マイナンバー制度
マイナンバー制度

さて、来月10月からいよいよあの「マイナンバー制度」が始まるのですが、

いったいどんな内容なのでしょうか。

わかりやすく書いていきますね。

 

国民ひとりひとりに12ケタのナンバーが発行されます。

分かりやすく言うと、自動車ナンバーみたいなものですね。

内容としては、

健康保険証

パスポート番号

運転免許証

住民コード情報

この番号にひとつにまとめられるそうです。

 

予定では、10月以降に家に薄い紙の「通知カード」が送られてきます。

ちなみにこのナンバーは一生モノ。

個人的に好きな番号がはいっていたらラッキー?!

ちなみに、この通知カードは氏名、住所、生年月日、性別(基本4情報)、マイナンバーが入ったカードですが、顔写真ははいっていないそう。

 

通知カードを受け取った後、役所に申請すれば平成28年1月以降に、

個人番号カードの交付を受けることができます。

こちらのカードは、ICチップが入っていて、上の内容に加えて、顔写真も入っているので、身分証明など、色々なところに使えます。

まさに、車の免許証みたいな感じですね。

SPONSORED LINK

メリットは?

社会保障災害対策の分野で、行政の効率化がはかれる。

できるだけ、コンピューターに任せて、公務員の人の手間を他のところに回せるようになる。(なるよね?)

その労力は、本当に必要としているところにかけられるということで、

国民のケアがよりきめ細かくできるとか。

これは、いいことだと思います。

お役所の無駄な書類処理に時間をかけるのは、時代が古い気がしますし、

本当に困っている人のために動けるならバンバンザイですからね。

国民は、どんな時に使うの?

主に約手続き関係は、全てに使えそうですね。

例えば…こんなような申請や手続きにです。

年金

雇用保険

医療保険

生活保護

児童手当

ハローワークの事務

その他福祉の給付

確定申告などの税の手続

サラリーマンは

健康保険や厚生年金のための手続きに必要になります。

証券会社や保険会社でも必要になってくる

こちらでも、利金・配当金・保険金などの税務処理で使うそうです。

 

デメリットは・・・・

こうなってくると、個人情報が漏れたりしないか、

悪用されたりしないか、心配になってきますよね。

内閣官房のHPでは、個人情報の保護はしっかりすると書かれていますが、どうでしょうかね。

実際に導入されて国民にでまわってから、いろいろ出てくるんじゃないでしょうか。

 

一部は延期も?

健康保険・厚生年金保険関係手続は1年延期されて、2017年の1月から適用されるそうです。

また年金の個人情報流出がありましたよね。

そのことがきっかけで、慎重に準備するため、基礎年金番号との連携も2016年1月~だったのをもっと後に延期することにしたそうです。

3年後の平成30年からは、銀行などの金融機関の預金口座と、このマイナンバー(個人番号)を連携するそうです。

最期に

効率化という意味ではよいと思いますが、

慎重に慎重に、悪用されない方法をしっかりシュミレーションして、

国民の安全をしっかりと守ってほしいものです。

そのうえで、日本の一人でも多くの幸せな人が増えればこのマイナンバー案は、

成功になるのではないでしょうか。

SPONSORED LINK

マイナンバー制度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.