ママがおばけになっちゃった!byのぶみ【ゴロウ・デラックス】

ママがお化けになっちゃった!という本が

2005年で1番売れた絵本なんだそうですが、

もうこれが涙、涙の本なのです。

人気絵本作家のぶみさんが教える読み聞かせのポイントは、

指をさして誰のセリフかわかるようにするのがポイント。

この内容のポイントは、天国に行ってしまったママと残された息子の会話。

ここで泣けるのは、おばけになったママからのメッセージが、世のお母さんたちと同じ愛情を

たっぷり表していること。

 

ママがいなくてもお風呂ひとりで入れる?

一緒に寝れないから1人でトイレ行くのよ、

おもちゃ遊んだらお片付けするの。

 

いくつも全部ひとりでできないよ。なんで死んじゃったんだよ。ママがいなくなるのなんてヤダー!

 

ママだって、どうしたらいいかわからない。

生きている時にこうしておけばよかったのになーって思う人がおばけになるんだよ。

生きててよかったってこともたくさんあったわよ。

あなたを産んだこと。

それだけはママ大成功だった。涙がぼろぼろ出た。

あなたが生まれて初めて自分より大切なものができた。

ちょっとできなくておっちょこちょいで、自分に似てるのが大好き。

 

子供を持つお母さんなら、これは共感できることが多くて涙してしまうかもしれません。

やっぱりお母さんは子供のことって心配しちゃうよね。

SPONSORED LINK

これを書いた絵本作家のぶみさんの波乱万丈の生き様

この絵本作家さん、実家がキリスト教で、小学校の時にいじめられていたのが、

後ほど総勢460人で暴走族の総長に!

弱かった自分を断ち切ろうとした反動だったそうです。

保育の専門学校で絵本作家になるきっかけが訪れたのが19歳。
なんと好きになった女の子が、絵本が大好きなんだと言ったから、憧れの女の子に付き合いたいために絵本を描いたんだとか。

であって絵本が好きなんだと言ったその時の女の子が、今の奥さんなんだそうです!

絵本みたいな話ですねぇ!

29歳で2番目の絵本がヒット。どうせ売れないなら自分の息子を喜ばせようと新幹線をテーマにした絵本を書く。

この時に気づいたのが、
誰かのために書かないと愛がこもらない。
1番大事なところですね。

そして去年3番目のヒット、1万部売れればヒットと言われる世界で、なんと今34万部の大ヒット中なんだそうです。

読んだことないのない人は早速読んでみて下さいね。

ハンカチを手元に置いて…

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.