生活のイロハお役立ち情報、育児、教育・旅行など生活を愉しく豊かにする情報をつづります♪

ことりのうた

ヘルス

体力をつけるために必要な運動量は?大人とこどもの体力作りについて

投稿日:

何をするにも、体力って本当に一つの財産ですよね。

身体が健康であれば、勉強であれ、集中力であれ、遊びも、仕事も勉強も

体力(健康)あってのものだと、ひしひし感じるこの頃です。

仕事ができる人って、大体健康に気を付けている気がします。

食事もヘルシー志向だし、なにかしら運動も生活の中に取り入れている人が多い。

さて、子どもの体力をつけるために、意識するといいことをかいていきますよ。

生活の中で出来ること

下にある、いわゆる運動指数みたいなものが一つの目安になるのですが、

メッツ3.0を一日に40~60分取り入れるとベストとか。

徒歩だけでも効果は十分にあるってことですね。

身体的にした方がいい生活活動量は?

身体活動量の基準は、3メッツ以上の身体活動を1週間に23メッツ行うことです。

具体的には、歩行またはそれと同等以上の強度で、毎日60分からだを動かすことが身体活動量の目安です。

理想の運動量は?

3メッツ以上の運動を1週間に4メッツが運動の基準です。

具体的には、息が弾み汗をかくようなスポーツや体力づくりを毎週60分行うことが相当します。

体力 つけ方

・運動とは、体力を維持させたり向上させたりするために

計画的の行うもので、ジョギング、水泳、ゴルフなどがあります。

・生活活動とは、そうじや洗濯、自転車でお買いものといった日常的な活動やオフィスワーク、ピアノの演奏など、いわゆる運動以外のものをいいます。

そして、身体活動の強さ表す単位をメッツ、量を表す単位をとエクササイズといいます。

・メッツとは、身体活動の強さを安静時の何倍かに相当するかで表す単位で、安静時(イスに座っている状態)が1メッツ、普通歩行が3メッツに相当します。

・エクササイズとは、身体活動の量を表す単位で、メッツ×時間で計算され、例えば、普通歩行を1時間行った場合は、3メッツ×1時間=3エクササイズとなります。

65歳以上の高齢者の運動は?

毎日40分の身体活動が理想。具体的には1週間に10メッツ程度。

横になったままや座ったままにならなければ、どんな動きでもよいので、毎日40分からだを動かすこと。

まとめ

子どもには習い事ランキングでも上位のテニス、水泳や体操などの運動系がおススメですね。

子どものみならず、スマホやテレビゲームなどの時間を極力減らして、お手伝いをさせたり、親と一緒にスポーツしてみたりと、

とにかく動け!!ってことですね。

 

体力・健康って・・・・年代問わず、いつも時代も本当に大事です!!!









-ヘルス
-,

Copyright© ことりのうた , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.