【幸せノウハウ】3つの感謝のシャワーのやり方!

日々感謝をしていますか。今あなたが感じている幸せは当たり前ではないのです。奇跡なのです。

感謝をできる人は、心から真に幸せになれる人です。

一日の終わりにこの作業を取り入れてみてください。きっと心穏やかに休めるはずです。

感謝のシャワーのやりかた

ここでは夜のシャワー(入浴)の時、または就寝前にするやり方として書いていきますね。

①からっぽになる
体を洗いながら、心を空っぽにします。その時にこのようなことを思い浮かべてください。

「今日一日の平和と幸せに感謝します。

この素晴らしい現実に感謝します。

ステキな魂たちに感謝します。

今日一日の感情の不純物をすべて洗い流します。

体の中の毒素をすべて洗い流します。

心身の疲労物質をすべて洗い流します。

すべてを洗い流して、からっぽになります。

心身がからっぽになり、軽くなります。」

② 空っぽになったからだに、心臓や肺や胃腸、肝臓、のど、目、脳などの部位に光が満たされるようにイメージします。いわゆる「チャクラ」にですね。

③ 光を送る(贈る)

ゆったりした気持ちで、イメトレで光を自分に送ります。

また自分のいま気になる人、遠くで会えない人(家族など)、気にかかっている人など一人一人に光を送るイメージをします。

そしてその人へ感謝をし、愛と光と喜びに満ちあふれます。とイメージしてみるのです。

SPONSORED LINK

まとめ

<感謝>は、現実への嫌なことや抵抗をゆるませて、あなたの日常の根底にある恐怖と不安和らげます。

また<感謝>によって、心身が安定し、就寝前の神聖ともいえる大事な時間を過ごせるようにしてくれるのです。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.