【バイキング】えごま油の正しい食べ方(脳のさび落としに最高の食べ合わせ)

えごま油

11月17日のバイキングより脳の錆びつき防止に!

SPONSORED LINK

えごま油の正しい食べ方

油研究30年の、慶応大学教授の油ドクター、井上先生が教えてくれました。

①認知症…は18歳から始まっている人間の脳の最大の量は18歳がピークで約1,400グラムだそうですが後は緩やかにどんどん減っていくんだそうです。

脳が小さくなるということは、脳細胞が死滅していくため結果認知症につながるんだそうですね。

脳の老化とは酸化です。(サビ付き)
脳の成分の60%は油でできている

そのため新鮮で良い油をとると脳の神経待細胞が強くなるんだそうです。

例えばオリーブオイルは、悪玉コレステロールを減らすと言われています。
サラダ油菜種油等は体の免疫力を高めてくれます。
脳細胞を活性化させるには、αリノレン酸が入った油がよいそうですが、
これは体内でDHAや EPAに変化します。

これらの成分が血流を良くし、弱った脳の神経細胞を刺激し死滅を防いでくれるのです。

このα-リノレン酸はなたね油が 7.3%、油が1.4%オリーブオイル0.6%ごま油0.3%なのですがエゴマオイルはなんと60%も含んでいるのです!

エゴマオイルを食べる時間はいつが効く?


答え
正解は朝
ネズミを使った研究によると、体の酸化する度合いが明るい方がぐんと多くなり暗くなると下がるそうなのです。

個人差がありますから夜活動する人は夜でも構わないそうです。
朝食べ忘れたひとは、夜食べてもよし。軽度の認知症人にも効果があると言われているそうです。

エゴマオイルを食べる理想の一日の量はどっち?

小さじ1杯(5グラム)
大さじ3杯 45グラム

正解は、…小さじ一杯だそうです!

この小さじ2杯が、イワシなどの魚の3匹分の栄養分が入っているとか。

この量が、たっ一杯で取れるなら、多少値段が高くても積極的に摂取したほうが、時間的にもお得ですね!

またサジーという栄養がものすごい含まれているジュースもおススメですよ。

えごま油と最強の食べ合わせ

一緒に食べる食材で、脳の錆びつき防止に聞くのはどっち?

緑黄色野菜
たまご

正解は、卵!
えごま油と相性が良いのはタンパク質なんだそうです。脳は60%が油で40%がタンパク質でできているから。
脳の活性化にはこれが1番良いんだそうですよ。

えごま油と卵の調理法

脳の錆びつき防止にきくのはどっち?

目玉焼き
卵かけご飯

正解は…卵かけご飯
100度以上だとエゴマオイルの成分が壊れてしまうどころか、逆に悪い成分が出てしまうんだとか。
過酸化脂質というもの。

と言うことでエゴマオイルで目玉焼きは焼かないようにしましょう!

えごま油4本セット
by カエレバ

⇒あまにオイルのとり方や医者の風邪対策についての記事もどうぞ(^^♪

⇒えごまオイルの効果的な使い方 by 南雲先生

SPONSORED LINK

えごま油

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.